2014.07に行った、ハノイ・ハロン湾の旅を綴ります。
まずは行きのANA便から・・・

前日にJALでセントレアから羽田へ移動し東京で一泊
朝7時前に羽田に到着です。

チェックイン後、優先レーンを通って(空いていて殆ど意味ありませんでしたが)出国、
スイートラウンジで時間をつぶした後108番ゲートへ向かいます。

今日の機材はもちろん787、長距離用です。



ハノイて、河内と明記するんですね初めて知りました。搭乗時刻となりましたが、ゲート付近の人の少なさに驚きです。数十人しかいません、聞くのも悪いので搭乗者数はわかりませんが、土曜日ということもあって仕事の人が少ないのでしょうか?



この機材、長距離用ということでビジネスはスタッガードですが、エコはいわゆる詰込み仕様で3-3-3の横9列なんですね。
SIN線やBKK線の席より横幅は狭くなっています。国内線と同程度か?搭乗して直ぐに見に行きました。





少し座ってみましたがやはり狭いかも?この機材羽田からフランクフルトとミュンヘンに飛んでいますが、長時間フライトはつらいかもしれないですね。
リクライニングは座席が前に出る使用では無く、後ろに倒れるタイプに戻ったようです。

しかしプレエコ席もあるので上級会員はアップ対象なので安く快適な旅が出来るかもしれません。エコに対してのプレエコ比率は777より高いので狙い目かもしれないですね。



プレエコは2-3-2の並びになります。



道草をした後、席に戻ります。
この日のビジネスの搭乗率は3割も無いくらいでしょうか?



行きはKに座りました、いわゆる通路から遠い窓側です。この席はプライバシーが保たれて非常にいいですね。帰りはセンターのFに座りましたが、この機材のお勧めはそのFまたは窓側のAまたはKではないでしょうか。窓側にこだわりの無い人には断然Fを勧めます。その答えは帰り編で・・・

飲み物は毎度のことですがシャンパンですね。バカのポーズで・・・



そして機内食です、洋食を選択しました。仔牛の煮込みです。
赤ワインとともに頂きました。





フォアグラとの相性も抜群で美味しかったなあ・・・

続いてデザート。



さてハノイまでのルートですが海上を飛ぶと思いきや、日本列島を横断した後、
中国上空を飛んで行くんですね。



雲の下は中国大陸です。


この日は殆ど揺れることも無く、快適な空の旅でした。
途中1時間ほど爆睡、定刻よりやや遅れてハノイ・ノイバイ国際空港に着陸しました。